【神戸〜高松】女ひとりでも大丈夫?ジャンボフェリー深夜便で帰省してみた。

ひとりの週末
李茶
李茶

たまには違うルートで帰省してみたいな〜

まいどおおきに。四国育ちの李茶です。

お盆や正月に里帰りする際、私はいつも高速バスを利用します。ですが、気分転換に違う手段はないものかと調べたところ、ジャンボフェリーの存在を発見。しかも、深夜に出発して早朝に到着する深夜便があるとのこと!

早速乗船してみたので、その様子を紹介したいと思います。

ジャンボフェリーとは

ジャンボフェリーは、神戸・小豆島・高松を結ぶ船便。神戸〜高松間の場合、1日4便運行しています。

神戸港・高松東港ともに、最寄り駅まで連絡バスが出ているので、徒歩で乗船する際もアクセスしやすいのが特徴です。

出典:https://ferry.co.jp/

運行状況や料金など最新情報は、ジャンボフェリー公式サイトで確認してください。

ジャンボフェリー乗船までの流れ

23:30|神戸三宮からの連絡バスに乗車

神戸三宮バスターミナルから連絡バスに乗車。フェリーターミナルまで所要時間約10分、料金は210円です。24:30にも連絡バスがありますが、それを逃すと足がないので要注意。

23:40|フェリーターミナル到着、乗船手続き

連絡バスから降りて切符売り場へ。周囲の人について行けば迷うことはありません。備え付けの乗船申込書に記入して列に並びます。

今回、事前に個室を予約しようか迷いましたが、交通費をケチって雑魚寝に挑むことにしました。

金額は、徒歩のみ基本料金1990円+深夜料金500円の計2490円。カード決済するつもりでしたが、JCBブランドは不可。意外にもWAONが使えたのでそちらでお支払いしました。

現金の他、次のお支払方法を利用頂けます。

・クレジットカード|VISA、Master、銀聯

・電子マネー|PayPay、LINEペイ、Alipay、nanaco、iD、楽天Edy、WAON

・交通系電子マネー|ICOCA、PASMO、Suica、TOICA、Kitaca、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん

利用方法『ジャンボフェリー』公式サイト

乗船料金は、2022年8月時点の金額です。今後料金改定の可能性がありますので、必ずジャンボフェリー公式サイトをご確認ください。

この日はお盆休み直前の平日だったので、すんなり手続きが完了。ですが、連休真っ只中であれば、おそらく窓口が混雑してもっと時間がかかりそうです。

乗船開始時間まで、2階待合所で待機です。

40分ほど待ち時間があった

24:30|乗船開始

出港30分前になり、いよいよ乗船開始。

かなり久しぶりのフェリー。しかも夜行便となると、高校生以来ではなかろうか。友人と3人で大阪行きのフェリーに乗り、デッキでタイタニックごっこをしたのが懐かしい、、、。

豪華客船とまでは行かないが広い船内

普段なら熟睡中の時間ですが、テンションが上がります↑↑

1:00|神戸三宮フェリーターミナル出港

思わずカメラを構えたくなる夜景

デッキは小さめ。喫煙所になっているので、愛煙家さんたちが続々集まってきます。肩身を狭くしながらも、神戸の夜景をしばし堪能。

私は船に乗ると、船外に出て海風に吹かれたい人間です。

潮で髪や顔がベタベタになろうがそんなのお構いなしで、遠くに見える景色やら船が通った軌跡をぼーっと眺めるのが好き。深夜便ということで星空を期待していたのですが、案外明るくてそれほど星が見えなかったのが残念。

神戸に別れを告げ夜の瀬戸内海へ

1:20|船内散策

うどん販売のアナウンスが流れ、売店前には行列ができていました。

お目当ては名物のうどん

さすが香川、さすがうどん県。ちょっとそそられたが、こんな時間に炭水化物は危険。それに『手打ち自家製麺』とかではないはずなので、ここは我慢しよう。

雑魚寝スペースやリクライニングシート席など寝られる場所はたくさんあるのですが、私は無難にここをチョイス。女性専用のレディースルームです。

女ひとりでも安心のレディースルーム

入ってすぐにリクライニングシート席が並んでいて、その両側に雑魚寝用部屋があります。とりあえずリクライニングシートに座って一杯。

今日はノンアルで我慢

2:00|就寝

雑魚寝部屋にお邪魔しようかと思ったのですが、せっかく空いているのでここを寝床にしました。

ソファを独り占め

あまりお行儀が良くないので、良い子は真似しないように。笑

船の揺れは全く気にならず、ぐっすり眠れました。

5:00|起床

軽快な音楽が船内に鳴り響き、思わず飛び起きた朝。デッキへ出てみると、既に高松東港の敷地に入っていました。

ようこそ高松へ

5:15|高松東港着港

無事、高松東港に到着。

人の流れに沿って下船します。4時間の船旅、あっという間だったな。

ジャンボフェリーに別れを告げる

人の流れについて行き、連絡バスに乗車。約15分で高松駅に到着です。

こちらの連絡バスはなんと無料。人とお財布に優しいうどん県♪

高松駅の高松港行きバス乗り場

ここから高速バスに乗車して2時間。私の帰省先である高知駅に無事到着しました。

ジャンボフェリーに乗ってみた感想

女ひとりでの雑魚寝は不安があり、個室やツーリスト席を予約しようかと思ったのですが、料金をケチって自由席を選択。

李茶
李茶

けんど、こじゃんと快適やったぜよ♪

レディースルームがあったおかげで安心して熟睡できました。ただ、混雑ピーク時は個室を予約しておく方が無難かもしれません。

連絡バスの乗り場もわかりやすいので、迷うことなく利用できました。

ひとつだけ失敗したなと思ったのは、朝起きた時に体が冷えて寒かったこと。真夏だからと油断してたな。慣れている人はブランケットや上着をしっかり持参していました。私も次に乗る時は寒さ対策をしていこう。

まとめ

いかがでしたか?

神戸三宮から高松へは高速バスが便利ですが、たまには船便も良いものです。また、小豆島へ着港する便もあるので、観光に行かれる際は利用してみてもいいかもしれません。

>>ジャンボフェリー公式サイト


ぜひ一度、ジャンボフェリーで四国へ訪れてみてください!


以上、李茶でした。おおきに(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました