挫折したけどやってみてよかった!超文系筆者が初めてのプログラミングで学んだ3つのこと

ブログ修行
李ちゃあど
李ちゃあど

あぁプログラミングね〜、私もいっぺんやってみたいと思ってるんやけどね〜まぁそのうちね…

って言いながら数年経ってる人、たくさんいると思います。私もその一人です。いや、正しく言えば“その一人でした”かな。

ふとしたきっかけでプログラミング本を手にし、コロナ禍のお盆休みを利用して独学に挑戦。


結果、挫折しました。_| ̄|○


でもでも!
プログラミングをかじってみたからこそ、得られた気付きがあります。「そのうちね〜」で終わらせていたら一生わからなかったかも。私と同じように「そのうちね〜」と先延ばしにしている方、一歩踏み出せないでいる方のために、この記事を書きました。

背中を押してあげられるかどうかは不明ですが(笑)、まぁ読むだけ読んでみてください!

たまたま本屋で出会った一冊の参考書

あの日、本当は「Adobe Illustrator」の参考書を書うつもりだったんです。でも、気付いたらこれを買ってた。笑

日比野 新著『文系でもプログラミング副業で月10万円を稼ぐ!』

著者の日比野氏は、京都府出身。人気プログラミング教室「侍エンジニア塾」の講師もされています。

全くの初心者である私でも読みやすかった。説明がシンプルで丁寧すぎない印象。専門用語の解説はあえて省いており、知りたいならネットで調べてね〜という感じ。本、グーグル先生、サンプルファイルを相互に見ながら勉強を進めました。

初めてのプログラミングで学んだこと

一石二鳥?!英語学習のきっかけになった

例えば、HTMLで以下のような簡単なコードを書いたとします。

<p>とか<br>とか、謎の暗号みたいなタグが色々出現します。初心者が拒否反応を起こすやつ。笑

でもこれって英単語を省略したものなんです。<p>は「paragraph(パラグラフ)|節・段落・項」、<br>は「break(ブレイク)|壊す、破る、折る、改行」といった感じ。

どう読むのか?本来の単語の意味は?
本の中で解説している単語もありますが、さらっと流しているものが多いです(自分で調べることを促すためにあえて省いている)。読み方が分からないまま覚えようとしてもモヤモヤするので、新たなタグが登場するたびに意味・読み方を調べるようにしました。ちょっと面倒ですが、グーグルで検索すればたくさん情報が出てきます。

プログラミングで英単語を覚えたからと言って英語ペラペラになるわけではない。でも、普段英語に全く馴染みのない人にとっては、

プログラミングを学ぶWebスキルの習得英語に触れる機会を得る

という、一石二鳥の学びになるのではないでしょうか。


私はプログラミング学習がきっかけで、ファイル名をなるべく英単語でつけるようになりました。『京都の写真』ではなく『kyoto_photo』みたいな。レベル低っ!って思うでしょうが、日常の小さなことからコツコツとが大事だと思います、多分。

実は文系向き?正しいだけでなく美しいコードを書け

某探偵の名セリフ「真実はいつもひとつ!」。これはプログラミングにも当てはまります。

きちんと正しくコードが書けていればイメージ通りのものが出来上がるけど、どこか1箇所でも間違っているとエラーになる。ただひとつの着地点に向かって正しい道のりを描けるか。その点が数学と似ているなぁと思います。正解が出た時の達成感は半端ないけど、どこが間違ってるのかわからなくてドツボにはまるとしんどい。

でも、プログラミングって文系的要素もあるんですよね。以下の二つのコードを比べてみてください。

どちらも間違ってはいません。
ブラウザで確認してみると、両方とも同じ結果になります。


結果は同じですが、なんとなく後者の方が見やすいと感じませんか?

実際にLP(ランディングページ)1枚作るとなると、もっと大量のコードを書くことになります。「エラーが出た!どこが間違ってる?!」となった時、視認性無視のダラダラなコードだとそれだけで萎えてしまいます。それを防ぐために、適度に改行・インデント(字下げ)を入れて、見やすいコードを作ることが大切


あ、これって今やってるブログ作業と共通しているかも。

ブログも「読みやすい文章」にすることが不可欠ですよね。そうでないと、たくさんの人に読んでもらえないし、言いたいことが伝わらない。読みやすくするために、フォントや文字サイズにこだわったり、見出しと段落を工夫したり、写真やイラストを適度に挿入する。いろんな技を駆使してひとつの記事を作り上げます。

英単語や記号をたくさん使うので、難解な数式みたいに感じてしまうプログラミング言語。でも、ルールさえ覚えてしまえば文系にも難なく出来ると思います。(挫折した私が言っても説得力ゼロですが)

月10万円は難しいけど不可能ではない、かも

文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!

このタイトルに乗せられて思わず手が伸びたわけですが、この本1冊読破しただけでは当然稼げません。あくまでスタート地点に立っただけ。あとは自分の努力次第。

努力しないと稼げません。でも、勉強を続ければ稼げるかも。本を読んでキーボードを叩いて行動してみた結果、そう感じました。超アナログ&根っからの文系である私でも、それなりに理解できた。それだけでちょっと自信がついたし、やってよかったと思います。(正直言うとJavaScriptはてんでダメやったけど)

とりあえず今はブログ作業に絞っていますが、余裕ができたらもう一度挑戦してみようかな。

まとめ|文系&アナログ人間でもきっと出来る!

以上、超文系の筆者がプログラミングに挑戦して得た三つの学びを、ダラダラ書いてみました。

  1. プログラミング学習を通して英単語の勉強もできる
  2. 見やすいコード作りは文系の感性を活かせる
  3. 副業で月10万円は不可能ではない、かも

文系でも出来る!とはいえ、やはり相性はあります。無理な人はやはり無理。

それを確かめるためにも、とりあえず一度やってみてください。本一冊買うか、Progateのような無料で一部レッスンが受けられるサイトに登録する。あとパソコンがあれば、今すぐに始められます。


思ったが吉日。健闘を祈ります!


以上、李ちゃあどでした。おおきに(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました