実は「本殿裏」がおすすめ♪にわかプロがこっそり教える参拝のコツ

神社のギモン
いなば
いなば

ようおまいり!今回は、神社でお詣りする際のちょっとしたコツを書いてみます。

神社にやってきたら、まずはおまいり、、、ですが、人気の観光神社ではズラーっと行列ができていることも。そんな時、みなさんどうします?

「大人しく列に加わって順番を待つのが礼儀でしょ」

そんなあなたは、日本人の鏡です、尊敬します。笑


でも、行列嫌いな私は並びません。話題のラーメン店も並んでない時間帯を狙います。笑

並んでいる人たちの脇からこっそり賽銭を投げ入れて(振りかぶるのはNGですよ)さくっと二礼二拍手一礼。それが私の参拝スタイルです。もし、それが難しそうな場合は、もう一つの方法を使います。

それは、本殿裏へ回るということ。

本殿裏でおまいり、、、ってどういうこと?

神社の社殿というのは、下図のような造りになっていることが多いです。もちろん例外もありますが、、、。

私たちがいつもおまいりするのは、図の青星の位置です。正面の拝殿からおまいりするのが基本ですし、そうしなければいけないと思い込んでいる方が大半だと思います。で、本殿裏というのは図の赤星の位置です。分かりますよね?

本殿裏は、神様に最も近づける場所なのです。

御神体をお祀りしている本殿に一番近い場所、つまり神様に一番近い場所なのに多くの人がスルーする場所。だからこそ、こころ静かにゆったりと手を合わせるには打ってつけの所なんです。

本殿裏へ回れない神社もある

拝殿前でのおまいりに満足せずに、ぜひ本殿裏へぐるっと回ってみてください。なかには、「本殿裏は神様に一番近い場所ですよー」とPRしている神社もあります。

高良大社(福岡)の本殿裏
文子天満宮(京都)の本殿裏

ただ、本殿裏に賽銭箱を置いてなかったり、そもそも本殿裏は禁足地になっていたりと、神社によって本殿裏という場所の扱いは様々です。各神社のルールに従うことも忘れないでくださいね。

本殿裏って神様の背中側では?

いなば
いなば

でもさ。本殿裏ってことは、神様の背中に向かっておまいりするってことでしょ?それってどうなの?!

あるいはこう考える人もいるかもしれません。まぁこれは気持ちの問題ですが、私個人としては、神様は正面向いて一日中じっとしているわけではないだろうから問題なし♪と思うようにしています。笑

大切なのは、感謝の気持ちと謙虚な心

神社を参拝するのに、絶対的なルールはありません。

参道の真ん中を避けて歩きましょう」「二礼二拍手一礼でお詣りしましょう」など一応の作法は存在しますが、それを破ったとて逮捕されるわけではないですよね。ただ、謎多き世界であるがゆえに、周りに合わせなあかんという気持ちが働くのかなと思います。(行列を作るのは、人気ラーメン店に並ぶのと同じ感覚かもしれませんが)


神社をおまいりする際に最も大切なのは、感謝の気持ちと謙虚な心

私はそう思っています。周りの人に気を遣いつつ自分なりのおまいりの仕方をしても、ちゃんと神様に願いは届くはずです。

加えて、コロナウイルス感染防止のためにも密集を避けたいところ。

その意味でも、本殿裏でのおまいりを試してみてはどうでしょうか。



以上、李茶でした。ようおまいりです(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました