【滋賀県大津市】滋賀のデカ盛りといえばここ!『美富士食堂』の名物カツ丼を女ひとりで食らう

食と暮らし
李茶
李茶

まいどおおきに!

いくつになっても食べ盛りな李茶です!

私は決して大食い体質ではないのですが、「大盛り無料」「おかわり自由」という言葉にすぐ反応しちゃう食いしん坊さんです(いや、きっとみんな好きなワードのはず)。「デカ盛り」の噂を嗅ぎつけると、その店の情報を調べて完食できそうな量だと確認したら挑戦しに行きます。

今回ご紹介する美富士食堂(みふじしょくどう)さんも、かねてより気になっていたデカ盛りの名店。2021年7月訪問です。もちろんひとりで!!

滋賀県民の常識?!デカ盛りの「美富士食堂」

哀愁漂う店構え、こういうの好き

JR京都駅を出発して膳所(ぜぜ)駅で京阪に乗り換え、膳所本町駅で下車。改札口を出てすぐ後ろを振り返ると、目的地「美富士食堂(みふじしょくどう)」さんがあります。本当に“駅すぐ”でびっくりした。笑

週末は混雑すると予想し、少し時間をずらして土曜日午後2時訪問。しかし、店内には暇そうにしている店主親子のみ(おそらく親子かと)。さすがの人気店もコロナの影響をもろに受けているようでした。

いったい何種類あるの?!メニューの豊富さも随一

店内もほど良いくたびれ感

芸能人や大食いYouTuberさんなんかも訪れるみたい。写真や色紙がたくさん飾ってありました。

入り口には消毒用アルコール、テーブルにはアクリル板を設置、窓全開にして換気もばっちり。老舗感漂う店内ながらも感染対策は怠らない誠実さ。でも、かなり暑い。か細い扇風機が全然役に立ってない!汗

そして、壁一面に張り巡らされたメニューの数々。北海道名物「エスカロップ」があるやないか!目の前の青年が食べている「焼きそば」も美味しそう(もちろん大盛り)。しばらく思案したのですがどれもピンと来なかったので、結局定番の「カツ丼」をオーダー。

デカ盛り食堂といえば、やっぱりカツ丼!

カツ丼(並) 800円也

注文から10分ほどで着丼。期待通りのボリュームです。

盛りのインパクトも大きいですが、個人的に気になったのは「卵の色濃い!!」という点。良い卵使ってるのかなぁ、聞けばよかったなぁ。

カツがしっかり肉厚、なのにほろっと柔らかい。味の濃さが程よく、お米と具のバランスもちょうどいい。

デカ盛り度は、以前訪問した「ひばり食堂」さんの方が上かな。

>>【高知】ひっそりたたずむ国宝・豊楽寺薬師堂×デカ盛りの聖地・ひばり食堂の名物カツ丼


完食できる量なんですけど、問題発生。暑すぎる、、、。

汗だくになるもタオルを忘れたことに気付く。滴り落ちる汗となかなか冷めないカツ丼。後ろには暇そうに座ってる店主。一刻も早く外の風に当たりたいという思いで流しこみました。涼しい季節に来店することを強くおすすめします。

お水はセルフサービス

謙虚すぎるウォータークーラー

水が欲しい、、、でも汗だくの顔を店主に向けるのが躊躇われる。と、他のお客さんが慣れた手つきで水を汲んでいるのを見て気づきました。

昔ながらのお店って、常連客にしか分からない暗黙のルールみたいなものがありますよね。初めてなんだから知らなくて当然。でも、ふとした瞬間にそのルールに気づいて、それに倣ってみる。それだけで、初めての場所が馴染みの場所になる。緊張の糸がほぐれて、あたかも常連さんになったような気分でその空間に溶け込んでいく。その感覚がおもしろいなぁとつくづく思います。

まとめ|いっぺん美富士食堂へ行ってみなはれ!

小汚い(失礼)店構えや無愛想(でも悪い人ではなさそう)な接客など、好き嫌いが分かれるところではありますが、量に負けず劣らず味もしっかりしているという印象。個人的にはこういった庶民派食堂が大好きなので、涼しい時期に再度訪問して違うメニューに挑戦してみようと思います!

▼ 美富士食堂 ▼

滋賀県大津市膳所2-8-6
京阪「膳所本町」駅よりすぐ
077-522-8135
定休日は不定休
美富士食堂|食べログ

※営業状況の確認は電話で問い合わせるのが確実なようです。


以上、李茶でした。ごちそうさまです(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました