【京都】ソロジョだってこってりラーメンが食べたい!念願の天下一品に乗り込んでみた話

ソロジョの週末

うどん屋は気兼ねなくひとりで行くのに、ラーメン屋はなんだか入りづらい。
それって私だけ、、、?

そんなラーメン屋恐怖症の私が、意を決して念願の「天一」に乗り込んでみた。

こってりでおなじみ、天下一品

「一度食べたら当分は遠慮願いたい」と誰かが言っていた。
そのくらいこってりしていると噂の店、天下一品、通称・天一(てんいち)

華の金曜日、夜9時前。
定番のラーメン(こってり・ニンニク入・麺固め)に、チャーハンと餃子までつけてしまった。

1週間がんばったのだから許そう。

こってりの秘訣は、なるほどこのドロ系スープか。
麺にスープが絡むとよく表現されるが、本当に絡むんだと改めて実感。
飲んだら危険と分かっていても何度も啜ってしまう。白ごはんにすればよかった、、、。

餃子の焼き加減がいまいちやなぁと思ってふと前を見ると、新人バイトっぽい女の子が必死に餃子と格闘していた。うん、許そう。

ラーメンに餃子にチャーハン、とヘビーな定食だったが、すんなり完食。

明日は、遠慮しておこうかな、、、

天一に行きたくなったら、天下一品公式サイトで店舗検索♪

ひとりラーメン、こわくない!

京都発祥、全国に店舗を構える有名チェーン店の天下一品だが、京都に住んで7年の間、一度も行ったことがなかった。ラーメン屋恐怖症のせいである。

ラーメン屋が苦手な理由は、その客層のせいだと思う。ラーメン屋といえば、強面のおっちゃんたち。もちろんファミリー層もいるが、ひとり客ならおっちゃんが多い。私ひとりで行けば、大抵カウンターに案内される(カウンターの方が好きだけど)。そして、強面のおっちゃんたちと肩を並べてラーメンを啜る事になる。

それってどうなんだ、という不安感と乙女のプライド(笑)が、私をラーメン屋から遠ざけていた。でも、やっぱりたまにはお店のラーメンが食べたい。

初めて天一に入る瞬間は意を決しての気持ちだった。

あーやっぱり工事現場にいそうなおっちゃんたちが多いわー。
そして、やっぱりカウンターに通される。隣にはおっちゃん。

でも、入ってしまえばなんてことはない。
おっちゃんたちはサクッと食べてさっさと出ていくので、さほど気にする必要もない。

むしろ、おっちゃんがラーメン単品を食べる隣で、うら若き(?)女子がラーメン炒飯定食(こってり・ニンニク入)をモリモリ食べてるのって、なんかカッコいいかも♪

百聞は一見に如かず。人生恥をかいてなんぼ。やらずの後悔よりやっての後悔。

これを機にラーメン屋めぐりをしようかな、、、
世のソロジョの皆さん、ひとりラーメンを楽しみましょう!

以上、李ちゃあどでした。おおきに。

※本記事の写真は、2020年2月撮影

コメント

タイトルとURLをコピーしました