お守りの処分どうする?〜古札返納の基本とマナー〜

神社のトリセツ

お守りはどこに返す?

基本的には、お守りを頂いた神社にお返しします。しかし、遠くて行けない場合、近くにある別の神社でもかまいません。
神社境内に古札返納所があればそこに入れる。もしなければ、巫女さんや神職さんに声をかけて渡しましょう。

お守りの有効期限は?

「お守りは1年たったらお返しする」が最も基本とされています。

これは、「1年経つと、神様の御霊(みたま)が新しいお守りに移るので」という理由からなのですが、ぶっちゃけ科学的根拠はありません。笑

要は、気持ちの問題。これ宗教の基本です。

あと、定期的にお守りを受けてもらうことで神社の収入源確保に繋がる意味もあります。(←こちらの方が重要かも)

お正月に初詣に行き、気持ち新たに新しいお守りを受ける人が多いと思います。でも、必ずしも1年で返さなければいけないというわけでもありません。受験合格守なら無事合格した時にお返しする。安産守りなら無事出産した時に。病気平癒なら病気が治った時に。ある日突然お守りの紐が切れたら、それは災いからあなたを守ってくれたのかもしれない。感謝の気持ちを込めてお返ししましょう。

お守りは絶対返すもの?

何年も持っていてはいけない、というわけでもありません。

宗教の基本はそう、気持ちの問題

すごく思い入れがあって手放したくないお守りは、ずっと持っていても良いと思います。

私の思い出のお守りは、人生初の登山で富士山に挑戦した時のもの。登山前に安全祈願をしてもらい、軽く高山病になりながらも無事頂上へ辿り着きました。何かに挑戦しようとする時は、このお守りを見て富士山登頂のことを思い出す。気合いを入れるのに一役買っています。
あとウサギにまつわる神社のお守りは個人的趣味として収集していますね。

こんな古札は困る?!

神社とお寺がひとまとめ

必ず守ってほしいのは、神社とお寺(とどちらでもないもの)は区別するということ。

いろんなお札やお守りをひとまとめにして返すという方、お寺と神社を混同していませんか?「燃やしてしまえば同じ」かもしれませんが、神社とお寺それぞれのやり方に則ってお焚き上げするので、お守りがきちんと成仏(?)するためには分別するのがマストです。どちらでもないもの、例えば新宗教関連であればいただいた所に相談しましょう。

人形

「神社で受けたものじゃないけどゴミ処分するのは気が引ける」と持って来られる方が多いのは、やはり人形でしょうか。日本人形のような、ちょっと怖いやつ。気が引けるからと言って、古札入れにこっそり入れるのはNGです。神社職員が困ります(汗)。人形供養をしている神社やお寺を調べて見ると、以下の所が紹介されていました。このような所へ持って行くのが一番かと思います。

【人形供養を行なっている社寺】

山王山本寿院(東京)・・供養の様子をブログで公開、参列も可能
粟嶋堂宗徳寺(京都)・・女人一生の守り神「粟島大明神」を祀る
淡嶋神社(和歌山) ・・毎年3月3日の雛流しで有名

燃えないもの

これは、授与する側にも問題があるのですが…。

昨今いろんな素材のお守りがあって、中には金属やビニールなど燃えないものに分類される素材も多く使われています。それを古札としてどうしているかと言えば無理矢理お焚き上げして燃え残ったものはゴミ処理、が実情なのかな、、、。

神社でいただいたものだから神社にお返しするという考えは間違ってはいない。でも、地球の未来を考えたら、燃えないものはゴミとして処分することも必要かも。神社でいただいたお神酒の瓶とか、土鈴とか。あと、古札を持参する時には、ビニール袋ではなく紙袋に入れて持って行くのが親切かと思います。

まとめ

神社でいただいたお守り・お札は、一年経ったら感謝の気持ちと共にきちんと神社に返納する。それが礼儀であり、日本に根付いている文化でもあります。

でも、一方で現代社会の環境問題、ゴミ問題を無視することもできません。色々なことが「宗教行事だから」という理由で認められている神社業界ですが、これからは神社とて地球の未来を考える必要性があると思います。

神社仏閣の作法というのは、絶対にこうしなければいけない!と法律で決まっているわけではありません。時代の流れや人間の都合に合わせて変遷してきた部分も多々あると思います。そんな寛容さがあるからこそ、今の時代には何が大切か、ほんの少し考えてみませんか?



以上、李ちゃあどでした。ようおまいりです( _ _ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました