【関西】ソロジョにおすすめ!ジャンカラの「すぐカラ」予約ならひとりカラオケを気軽に楽しめる♪

ソロジョの日常

まいどおおきに。一人前のソロジョを目指して修行中、李ちゃあどです。

今回は、私の週末の楽しみ「ひとりカラオケ」について。気軽に快適に効率良く楽しむ方法として、私行きつけのジャンカラが提供している予約サービス「すぐカラ」をご紹介します!

ひとりカラオケ専門店「イチカラ」の閉店、、、

カラオケ大好き。でも一緒に行ってくれる友達がいない、、、でもカラオケに行きたい

そんな私の欲望を叶えてくれていたのが、京都・四条河原町にあるイチカラ。関西を中心に展開しているジャンボカラオケ広場(略称・ジャンカラ)のチェーン店で、ひとりカラオケ専門店です。

部屋がとにかく狭くて息苦しいという欠点はあるものの、ひとり客ばっかりなので周りの目を気にする必要がない。飲み放題のドリンクバーもある。少々音漏れはするが気にせず熱唱できる。という具合に、ひとりカラオケ初心者の私が足繁く通うようなとても素晴らしいお店でした。げにまっこと都会はえいのう!

が、しかし。
2020年7月31日付で閉店。コロナウイルスの影響でしょう。

イチカラがなくなった。でもひとりカラオケしたい。そこで、ひとり専用ではないジャンカラ店舗へひとりで行ってみることにしたのです。

ジャンカラアプリの予約システム「すぐカラ」を試してみた

ひとり客専門ではない普通の店舗にひとりで行くのってどうなんだろう。恥ずかしいかなぁ〜割増料金とかあるんかなぁ〜。そんなモヤモヤを抱えて試してみたのが、ジャンカラアプリの予約システムすぐカラ。結果、あまりに便利すぎてすっかり虜になってしまいました。笑

すぐカラの詳細は、ジャンカラ公式サイトをチェック♪

アプリをダウンロードして会員登録すれば、すぐに利用できます。カラオケに行く当日、行きたい店舗を選択して、開始時間・利用人数・利用時間を入力するだけ。空きがあれば、機種ルームも選択できます(ひとり客は選択肢が狭いですが)。行けなくなったらキャンセルもボタン一つでOK。土日は割と予約が埋まるので、私は朝イチで予約するようにしています。

ジャンカラアプリ「すぐカラ」予約画面のスクショ

利用開始の30分前に部屋番号が確定。お店に着いたら受付をスルーして、そのまま部屋へ入っちゃいます。飲み物はドリンクバーで勝手に補給。あとは時間を目一杯使って歌いまくるのみ。アルコール類やフードの注文は画面タッチで行い、お知らせコールが鳴ったら自分で取りに行くシステム。ひとりで熱唱している最中に店員さんが部屋に入ってくるという気まずい状況は起こらないわけです。

終了時間になったら、受付前にある自動精算機で支払い。以上!

すごい。受付から精算まで完全な非接客で利用できてしまいました。ひとりでも全然気にならない。

とても便利ですが、初めて利用する時は戸惑いました。本当に受付通さず部屋に入って良いのか?ドリンクバーはどこにあるのか?非接客といっても店員さんはうろうろしており、わからないことは教えてもらえるので安心です。

イチカラよりもジャンカラが快適

ジャンカラでひとり利用する場合、大体は1〜3名用ルームをあてがわれると思います(店舗によりますが)。なので、ひとりでも息苦しかったイチカラより断然快適!!しかも、ヘッドホン着用ではないので、声をしっかり張れてるか確認しながら歌える!(←ガチで歌の練習)周囲の部屋の歌声がかなり聞こえるので音漏れはひどいようですが、そんなの気にしない。笑

ジャンカラ某店のカラオケルーム
ひとり利用なら十分快適な広さ

でもって、料金もジャンカラ店舗の方が安い。ひとり客だからといって割増料金を取られることはありません。無料のドリンク飲み放題に一部アルコール類も含まれる、という点もイチカラにはなかった魅力です。(ノンアルと思ってしまうほど薄いですが)

もっと早く知りたかった、、、!!

ちょっとしたスキマ時間にジャンカラがおすすめ

ジャンカラは全国チェーンだと思っていましたが、関西が中心です。関東には出店していません。まあ都心にはもっと便利なカラオケ店があるのでしょうが

特に、京都・大阪・兵庫にはたくさん店舗があります。神戸へお買い物に行った帰りに三ノ宮店でちょっと歌っていくか、といったふらっと立ち寄りカラオケができるというわけ。店舗によって部屋の様子が違うし、料金も違う。ジャンカラめぐりをして比較検討するのも楽しいですよ。

コロナ禍だからこそ、ひとりカラオケがおすすめ

ジャンカラで周りの部屋を覗いてみると、意外におひとりさまが多いです。ひとりでなくても2人か3人までが大半。大所帯でギャースカ騒ぐ人たちは少ない。コロナウイルスの影響もあるでしょうし、イチカラが閉店してジャンカラに流れてきたおひとりさまも多いんやろうな(←私)。

カラオケって大勢で行くものであって、飲み会の二次会とか学生さんの娯楽の定番とか、そういうイメージが強かったと思います。それはそれで楽しいのですが、ひとりカラオケにもまた少し違う楽しさがあります。スキマ時間にさくっと1、2時間だけ歌う。カラオケをもっと気軽に楽しめるのがひとりカラオケの魅力かなぁと勝手に考えています。

そのお供として、ジャンカラアプリの「すぐカラ」をぜひ利用してみてください!

以上、李ちゃあどでした。おおきに(^ω^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました