南九州のゆるっと系神様『田の神さあ』って一体何者?!

神社のギモン

数年前、家族旅行で宮崎県えびの市を訪れた。

田畑が広がり、おだやかな風が吹き、ゆったりと時が流れている。

あぁ、いい所だなあ。

九州(特に宮崎・鹿児島など南部)の、このゆったりまったりとした空気が私は好きだ。

途中、道の駅に立ち寄ったのだが、そこで目にしたものは、、、

その名は、「田の神さあ」

ご当地米の宣伝らしきポスター

道の駅で目にしたポスター。

え、神様なのかこれ??

雷に打たれたような衝撃。あるいは一目惚れ。なんとも言えない表情が不気味かわいいじゃないか。

実物の神様にお会いしたいと車から探すも見つからず。幻の存在なのか。悔やまれつつもえびの市を後にした。

**********

いつかまた九州を訪れてリベンジしたいなぁと思いつつ、行動できぬまま数年が経ちました。

ところが!
ある日、一冊の本に出会ってしまったのです。

それがこちら↓↓

あまり情報がないと思っていた「田の神さあ」。しかし、この本では南九州各所に祀られている「田の神さあ」をがっつり紹介しているのです。というか、実はけっこう有名、、、?

脱力系神様「田の神さあ」の正体は?

田の神さあ(たのかんさあ)は、田んぼの神さまのこと。鹿児島県と宮崎県一部に、独特の風貌を持つ石像が多数祀られている。18世紀頭頃から作られ始め、「五穀豊穣」「子孫繁栄」の神様としてこの地域に広まった。像の形はさまざまだが、一般的には「袖の長い衣・頭に藁の敷物・手にしゃもじ・反対の手にお椀や団子」という特徴を持つ。現存する田の神さあは2000体を超えるとされる。いずれも村人の手作りのため技巧的には稚拙だが、それがかえって味のある個性を生んでいる。

参考:『ニッポン脱力神様図鑑』宮田珠己著

私がえびの市(のポスター)で目撃した田の神さあは、最も有名なものらしい。田の神さあといえばまずこの写真が載っているのだとか。本の中でも『人気ナンバーワンたのかん』として紹介されています。

他の石像も実にユルくて、個性的。思わずクスッと笑ってしまうビジュアルばかり。でも、当時の村人たちにとっては大事な神様。一生懸命石を削って石像を製作し、現在まで守り伝えてきたんですよね。たのかん巡りをしたくなってきたな。

まとめ|いつかまた会いにいきたい田の神さあ

田の神さあは、地元民でないとわからない場所(道路脇や公民館の入り口、個人宅に保管など)にさりげなく祀られていることが多いようです。たのかん巡りをする際には、事前に入念なリサーチをしておいた方が良さそう。

いつかまたあの穏やかな九州の地を訪れて、今度こそゆるっと系神様「田の神さあ」にお会いしたい。


以上、李茶でした。ようおまいりです(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました