コロナで神社はどう変わった??〜2020年神社の動向を振り返る〜

神社のトリセツ

まいどおおきに。神社のにわかプロ・李ちゃあどです。


新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、生活がガラリと一変してから早くも一年。2020年は、マスクに一喜一憂したり緊急事態宣言発令やオリンピック延期と、まあいろいろありましたね。

景気や世情に左右されないと言われる神社業界ですら、大きな変革の年となったはずです。

コロナによって神社はどう変わったか。2020年の神社の動向を振り返ってみたいと思います。

神職・巫女さんもマスク着用

「風邪を引いてもマスクなんてとんでもない!」という考えで巫女をしていたあの頃。

今や、神主・巫女さんのマスク姿はスタンダードになりましたね。慣れって恐ろしい、、、。神社オリジナルのマスクを作って授与品にするのも有りかもしれないなぁ。笑

神社の定番であるアレが消えた!

手水
●鈴緒
●おみくじ筒

上記のような不特定多数の人が手に触れるものが多くの神社から消えました。おみくじ筒とは、ガラガラと振って出た番号のみくじをもらうアレです。

私個人としては「そこまでしなくても良いのでは?」という考えですが、まだしばらくは簡素化された参拝スタイルが続きそうですね。

御朱印の直書きが減少

持参した御朱印帳に直接書いていただく「直書き」。接触を減らすために多くの神社が中止。その代わりにあらかじめ紙に書いたものを渡す「書き置き」が主流となりました。


形式は変わってもご利益は変わらない


それは分かるんやけどねえ、、、やっぱり直書きが一番ですよね。泣

昨今の御朱印ブームは、神社に人を呼び込む重要な役割を果たしていたのですが、これからどうなることやら、、、。

年中無休であるはずの神社が「閉門」

緊急事態宣言が発令された2020年ゴールデンウイーク期間。全国各地の超有名クラスの神社が閉門を決行しました。一例を挙げると、住吉大社(大阪)・日光東照宮(栃木)・金刀比羅宮(香川)などです。

いなば
いなば

え?!神社を閉めるなんてアリなの?!

夜間に閉門することはあっても、日中は年中無休で参拝者を迎え入れるのが神社の役目。その神社が閉門を決行したことに対して、驚きというか戸惑いを覚えました。

いなば
いなば

こんな時こそ「祈りの場」として門戸を開いておくべきでは??

「そんなきれいごと言ってられん!命が何よりも大事やねん!!」

そんな本音が聞こえてきそうです。神社職員も普通の人間ですからね、、、。

オンラインでおまいり

神社参拝も「リモート」で。

この試みが各地の神社で増えています。参拝だけでなく、御祈祷、お守り・お札・御朱印の授与なども。

実際に足を運ばないと意味がない」という意見はごもっともですが、足を運べなくても神様にお祈りできる方法を模索するのも神社の勤めかもしれません。

オンライン参拝ってどういうこと?!と思った方。
以下のサイトを覗いてみてください↓↓

【公式】愛宕神社ホームページ|ヴァーチャル参拝
【公式】福島八幡宮ホームページ|オンライン授与所
【公式】東大寺ホームページ|3Dバーチャル参拝

毎年恒例のお祭りがことごとく中止

2020年は、京都を代表する葵祭・祇園祭・時代祭がことごとく中止(一部神事のみ斎行)。私の大好きなよさこい(高知)や阿波踊り(徳島)も無く、静かに過ぎ去った一年でした。

いつかまた、盛大な祭りを楽しめる日が来るのを待つばかりです。

まとめ|コロナが神社を変える良いきっかけになってほしい

経済低迷や自然災害など社会が不安な状況に陥った時こそ、神社の本領発揮。人々の祈りを神様に届ける頼もしい存在でした。

ところがどっこい。今回のコロナ禍においては、社会と同じように自粛して門戸を閉じて、いささか過剰に思える感染対策をして、、、


神社の威厳がなくなった


簡単に言うと、そういう印象を受けました。
でもポジティブに考えると、神社がより身近な存在になったとも言えるのかな。

良くも悪くも、神社のイメージを変えるきっかけになったかもしれません。

古き良き日本文化、守るべき伝統」みたいな荘厳なイメージに縛られていた部分もあると思います。これを機にそのイメージを打破して、良い方向へ神社が変革するのも悪くない。コロナ禍を好機ととらえ、令和時代の神社文化を作って行ってほしい。私めも陰ながら尽力させていただきます。



以上、李ちゃあどでした。ようおまいりです(_ _)

コメント

タイトルとURLをコピーしました